hostis, hostis m.「敵」

もう一つは語幹の変化を伴うものである。後者は、単数主格以外では、語幹のeが脱落する。, 第3格変化はラテン語では最大の名詞グループである。単数主格の語尾は-a,-e, -ī, -ō, -y, -c, -l, -n, -r, -s, -t, -xまで多岐に渡っている。男性・女性・中性の全てを含む。例:flōs, flōris m. (花), pāx, pācis f. (平和), flūmen, flūminis n. (川)。このグループの共通点は単数属格の語尾が-isとなる点である。, 単数主格の語尾として多いのは性ごとに次の通り。男性名詞は-or (amor, amōris, 愛)、女性名詞は-īx (phoenīx, phoenīcis, 不死鳥)、中性名詞は-us(その他の格でr語幹となる。onus, oneris, 負荷。tempus, temporis, 時間)。, 第3格変化は大きく分けて「子音型」と「I型」の2つに分かれる。この違いは複数属格にiが出現するかどうかにあり、子音型では語幹子音+umとなり、I型では語幹子音+iumとなる。 アットアイデアのラテン語講座第5回です。 今回は動詞第3、第4、第5活用について学びます。 https://disc-reborn.co.jp/ よろしくお願いいたします。 第1格変化は語尾が-aで終わる女性名詞が大部分を占める。例、via, viae f. (道), aqua, aquae f. (水)。 例外的に男性名詞もわずかながら存在するが、職業に関係する語が多い。例、poēta, poētae m. (詩人), agricola, agricolae m. (農夫)、nauta, nautae m. (水夫)。 第1格変化表で目立つのはaの音が多いことで、この点から「A型格変化」とも呼ばれる。単数主格(辞書形)と単数属格がそれぞれ-a, -aeとなる。 fēmina, fēminaef.「女性」 1. 5.

māter, mātris f.「母」 一つはego (私)、tū (君)などの1人称と2人称の人称代名詞で、格変化は不規則になる。 対格 verbum(言葉を) 女性名詞も僅少ながら存在するが、多くは貴石、植物、木、町の名称などである。, 通常、単数主格では、語尾が、男性名詞は-us、中性名詞は-umとなる。他に、男性名詞には語尾が-erのものも若干存在するが、この全てに共通するのは、単数属格で語尾が-īとなる点である。 全てに共通するのは、単数属格の語尾が-eīか-ēīとなる点である。「E型格変化」とも呼ばれる。, 語尾が-iēsの場合、属格・与格が長母音のēīとなり(例:diēs)、語尾が子音+ ēsの場合、短母音のeīとなる(例:rēs)。, 第5格変化の地格は単数奪格と同じ-ēとなる(単数のみ)。例:hodiē (副詞で「今日は」)。, 以下の表は人称代名詞(1人称・2人称)、再帰代名詞(1人称・2人称・3人称)である。, 1人称・2人称は人称代名詞・再帰代名詞のどちらも不規則変化で、性の区別はない。3人称の再帰代名詞sē, suīは主語自身に言及する機能があり、主語の単数・複数の区別なく用いられる。, ※3人称の人称代名詞は下記「指示代名詞」の項の「3人称の指示代名詞(is, ea, id)」を参照。, 属格meī, tuī, nostrī, vestrī, suīは通常の属格の意味で用いられるが、nostrum, vestrumは「部分の属格」に用いる(「私たちのうちの~人」「あなたたちのうちの~人」などの意味)。, 1人称・2人称の単数対格mēmēとtētēは強調形だが、あまり使用されない。3人称再帰代名詞の対格sēsēは古形で、主として雅文に用いられる。他に強調形には、語尾-metを付ける形が存在する (egomet, tūte/tūtemet, nosmet, vosmet)。全ての格に格変化するが、属格複数に付ける形は使われない。, 「同伴の奪格」(~と一緒に)は、通常、前置詞cumと奪格の組み合わせで表すが、人称代名詞(1人称・2人称)、再帰代名詞、(後述の)疑問代名詞では、-cumを語尾として奪格形に直接付ける形を用いることがある。mēcum(私と一緒に)、nōbīscum(私たちと一緒に)、tēcum(君と一緒に)、vōbīscum(君たちと一緒に), sēcum(彼・彼女・それ・彼ら・彼女ら・それら自身と一緒に)、quōcum?(誰と一緒に?。quīcumもある)。, 以下は所有代名詞(所有形容詞)の格変化の表である。meus, mea, meum(私の)、tuus, tua, tuum(君の)、suus, sua, suum(自身の)、noster, nostra, nostrum(私たちの)、vester, vestra, vestrum(君たちの)の5つになる。, 再帰の人称代名詞sē, suīの所有代名詞(所有形容詞)がsuus, sua, suumになる(「彼・彼女・それ・彼ら・彼女ら・それら自身の)。, suus, sua, suumは主語自身に言及するときにのみ用い、他の人物(3人称)に言及するときには、指示代名詞(後述)の属格eius(彼・彼女・それの)を用いる。複数のときはeōrum(彼ら・それらの)、eārum(彼女らの)となる。, 1つの文の内部に異なる主語が置かれる場合には、sēやsuusはどの主語への言及も可能である。, 指示代名詞の格変化(関係代名詞、不定代名詞も同様)は基本的に第1・第2格変化の形容詞と同じだが、以下の違いがある。, この違いは代名詞の格変化全般に当てはまる特徴となっていて、いくつかの特殊な意味の形容詞(tōtus「全体の」、sōlus「唯一の」、ūnus「一つの」、nūllus「何も~ない」、alius「他の」、alter「二つのうち片方の」など)でもこのパターンの格変化をする。, 指示代名詞・関係代名詞・不定代名詞は形容詞としても用いる(指示形容詞・関係形容詞・不定形容詞)。ただし、疑問代名詞のquis(誰?)、quid(何?)は形容詞用法ではquī, quodとなる。, 指示代名詞is, ea, id(それ・あれ、「弱い指示代名詞」とも呼ぶ)は3人称の代名詞として用いられる(彼・彼女・それ)。, 形容詞としても用いられる。例:is homo(その男性、that man)、ea pecunia(そのお金、that money)。ラテン語には定冠詞は存在しなかったが、is, ea, idは指示の意味合いが弱い代名詞であるため、しばしば物事を軽く指し示す機能を帯びて定冠詞的にも用いられる。この2つの例はthe man, the moneyのように定冠詞の意味にもなる。, 所有形容詞はなく、所有の意味では属格形eius, eōrum/eārumが用いられる。例:pater eius(彼・彼女の父親)、pater eōrum(彼ら・それらの父親)。, 指示代名詞(指示形容詞)のīdem, eadem, idemには「同じ」(the same)の意味がある。指示代名詞(「弱い指示代名詞」)のisから派生し、語尾に-demを付ける。複数属格(男性・中性)のeōrundemのように-demに影響されて音が変化するケース(元の指示代名詞はeōrum)には注意を要する。, 「強意の指示代名詞」とはipse, ipsa, ipsumで、「彼自身・彼女自身・それ自身」を表し、対象の人・物を強調する。格変化は2人称・3人称の指示代名詞と同じになる。, 以下は「これ、それ、あれ」を表す指示代名詞、hic(これ・この), iste(それ・その), ille(あれ・あの)の格変化の表である。hicは話し手に近いもの、これから述べようと思っているものを指す。isteは聞き手に近いもの、すでに述べられたものを指す。illeは話し手、聞き手のどちらからも遠いものを指す。, 疑問代名詞(疑問形容詞)は質問をするときに用いる。関係代名詞と疑問形容詞の格変化は同じであり、疑問代名詞はそれとはいくつかの語形が異なっている(詳しくは下表の下を参照)。疑問代名詞を複数で用いるのは稀である。疑問代名詞の複数は関係代名詞の複数と同形である。, 指示代名詞、関係代名詞、疑問代名詞、不定関係代名詞、不定代名詞(及び、指示形容詞など、それぞれの対応する形容詞・副詞)のリストを下表に掲げる[6]。これは、「相関語」(英:correlatives, pro-form)と呼ばれて相互に関連する一群の代名詞(及び形容詞・副詞)を整理したものである。, 第1・第2格変化の形容詞は、男性・女性・中性で異なる語尾を持つ。男性は-us(か-er)、女性は-a、中性は-umとなり、基本形はaltus, alta, altumのようになる。
ウマ娘シンデレラグレイ 4 話 7, Nhk 新人アナウンサー 2018 9, 相棒 シーズン4 4話 6, ルシファー 刑事さん 英語 37, 漢文 至る 意味 12, 魔進戦隊 キラ メイジャー スレ 42, あいみょん スタイリスト 服部 7, 破門 動画 Pandora 18, 跡部 不二 幼馴染 29, コムデギャルソン 印鑑 なし 4, やち クロ 漫画 4, ひまし油 湿布 やりすぎ 27, 薬丸裕英 自宅 住所 成城 36, う いら ふ 映画 フル 5, のだめカンタービレ 福士誠治 オーボエ 53, 鬼 滅 の刃 羽織 柄 名前 10, 三沢光晴 事故 動画 10, アセンダント 牡牛座 外見 9, 青い海の伝説 カンソヒ 双子 7, 中学聖日記 1話 Pandora 25, マツダ 100周年 塗り絵 4, ポケモンgo 恩返し カビゴン 38, Office365 会議室予約 一覧 56, 2pm ジュノ 怪我 動画 47, Spec 結 相関図 5, 旧約聖書 あらすじ 要約 5, 音楽 集中力 研究 7, 新幹線 過密 海外の反応 13, 手越 二宮 仲 5, ディオ 声優 死亡 10, 娘 松坂慶子への 遺言 17, 武庫川女子大学 国語 対策 7, プロ野球スピリッツ 2018 攻略 13, 香川照之 ぴったんこカンカン フランス 9, ヒトリガ 幼虫 餌 27, ライム フロウ バース 12, Musescore 楽譜 ダウンロード 無料 14, フォーリミ Gen 薬物 37, 猫 リンパ腫 下痢 10, オンライン授業 テスト やり方 13, ウルトラゲット ロトム図鑑 攻略 6, Artisan Hair 新大久保 6, 肩こり しこり つぶす 7, 寺井一択 2 ちゃん 7, 領 得罪 毀棄罪 違い 6, " />
hostis, hostis m.「敵」

もう一つは語幹の変化を伴うものである。後者は、単数主格以外では、語幹のeが脱落する。, 第3格変化はラテン語では最大の名詞グループである。単数主格の語尾は-a,-e, -ī, -ō, -y, -c, -l, -n, -r, -s, -t, -xまで多岐に渡っている。男性・女性・中性の全てを含む。例:flōs, flōris m. (花), pāx, pācis f. (平和), flūmen, flūminis n. (川)。このグループの共通点は単数属格の語尾が-isとなる点である。, 単数主格の語尾として多いのは性ごとに次の通り。男性名詞は-or (amor, amōris, 愛)、女性名詞は-īx (phoenīx, phoenīcis, 不死鳥)、中性名詞は-us(その他の格でr語幹となる。onus, oneris, 負荷。tempus, temporis, 時間)。, 第3格変化は大きく分けて「子音型」と「I型」の2つに分かれる。この違いは複数属格にiが出現するかどうかにあり、子音型では語幹子音+umとなり、I型では語幹子音+iumとなる。 アットアイデアのラテン語講座第5回です。 今回は動詞第3、第4、第5活用について学びます。 https://disc-reborn.co.jp/ よろしくお願いいたします。 第1格変化は語尾が-aで終わる女性名詞が大部分を占める。例、via, viae f. (道), aqua, aquae f. (水)。 例外的に男性名詞もわずかながら存在するが、職業に関係する語が多い。例、poēta, poētae m. (詩人), agricola, agricolae m. (農夫)、nauta, nautae m. (水夫)。 第1格変化表で目立つのはaの音が多いことで、この点から「A型格変化」とも呼ばれる。単数主格(辞書形)と単数属格がそれぞれ-a, -aeとなる。 fēmina, fēminaef.「女性」 1. 5.

māter, mātris f.「母」 一つはego (私)、tū (君)などの1人称と2人称の人称代名詞で、格変化は不規則になる。 対格 verbum(言葉を) 女性名詞も僅少ながら存在するが、多くは貴石、植物、木、町の名称などである。, 通常、単数主格では、語尾が、男性名詞は-us、中性名詞は-umとなる。他に、男性名詞には語尾が-erのものも若干存在するが、この全てに共通するのは、単数属格で語尾が-īとなる点である。 全てに共通するのは、単数属格の語尾が-eīか-ēīとなる点である。「E型格変化」とも呼ばれる。, 語尾が-iēsの場合、属格・与格が長母音のēīとなり(例:diēs)、語尾が子音+ ēsの場合、短母音のeīとなる(例:rēs)。, 第5格変化の地格は単数奪格と同じ-ēとなる(単数のみ)。例:hodiē (副詞で「今日は」)。, 以下の表は人称代名詞(1人称・2人称)、再帰代名詞(1人称・2人称・3人称)である。, 1人称・2人称は人称代名詞・再帰代名詞のどちらも不規則変化で、性の区別はない。3人称の再帰代名詞sē, suīは主語自身に言及する機能があり、主語の単数・複数の区別なく用いられる。, ※3人称の人称代名詞は下記「指示代名詞」の項の「3人称の指示代名詞(is, ea, id)」を参照。, 属格meī, tuī, nostrī, vestrī, suīは通常の属格の意味で用いられるが、nostrum, vestrumは「部分の属格」に用いる(「私たちのうちの~人」「あなたたちのうちの~人」などの意味)。, 1人称・2人称の単数対格mēmēとtētēは強調形だが、あまり使用されない。3人称再帰代名詞の対格sēsēは古形で、主として雅文に用いられる。他に強調形には、語尾-metを付ける形が存在する (egomet, tūte/tūtemet, nosmet, vosmet)。全ての格に格変化するが、属格複数に付ける形は使われない。, 「同伴の奪格」(~と一緒に)は、通常、前置詞cumと奪格の組み合わせで表すが、人称代名詞(1人称・2人称)、再帰代名詞、(後述の)疑問代名詞では、-cumを語尾として奪格形に直接付ける形を用いることがある。mēcum(私と一緒に)、nōbīscum(私たちと一緒に)、tēcum(君と一緒に)、vōbīscum(君たちと一緒に), sēcum(彼・彼女・それ・彼ら・彼女ら・それら自身と一緒に)、quōcum?(誰と一緒に?。quīcumもある)。, 以下は所有代名詞(所有形容詞)の格変化の表である。meus, mea, meum(私の)、tuus, tua, tuum(君の)、suus, sua, suum(自身の)、noster, nostra, nostrum(私たちの)、vester, vestra, vestrum(君たちの)の5つになる。, 再帰の人称代名詞sē, suīの所有代名詞(所有形容詞)がsuus, sua, suumになる(「彼・彼女・それ・彼ら・彼女ら・それら自身の)。, suus, sua, suumは主語自身に言及するときにのみ用い、他の人物(3人称)に言及するときには、指示代名詞(後述)の属格eius(彼・彼女・それの)を用いる。複数のときはeōrum(彼ら・それらの)、eārum(彼女らの)となる。, 1つの文の内部に異なる主語が置かれる場合には、sēやsuusはどの主語への言及も可能である。, 指示代名詞の格変化(関係代名詞、不定代名詞も同様)は基本的に第1・第2格変化の形容詞と同じだが、以下の違いがある。, この違いは代名詞の格変化全般に当てはまる特徴となっていて、いくつかの特殊な意味の形容詞(tōtus「全体の」、sōlus「唯一の」、ūnus「一つの」、nūllus「何も~ない」、alius「他の」、alter「二つのうち片方の」など)でもこのパターンの格変化をする。, 指示代名詞・関係代名詞・不定代名詞は形容詞としても用いる(指示形容詞・関係形容詞・不定形容詞)。ただし、疑問代名詞のquis(誰?)、quid(何?)は形容詞用法ではquī, quodとなる。, 指示代名詞is, ea, id(それ・あれ、「弱い指示代名詞」とも呼ぶ)は3人称の代名詞として用いられる(彼・彼女・それ)。, 形容詞としても用いられる。例:is homo(その男性、that man)、ea pecunia(そのお金、that money)。ラテン語には定冠詞は存在しなかったが、is, ea, idは指示の意味合いが弱い代名詞であるため、しばしば物事を軽く指し示す機能を帯びて定冠詞的にも用いられる。この2つの例はthe man, the moneyのように定冠詞の意味にもなる。, 所有形容詞はなく、所有の意味では属格形eius, eōrum/eārumが用いられる。例:pater eius(彼・彼女の父親)、pater eōrum(彼ら・それらの父親)。, 指示代名詞(指示形容詞)のīdem, eadem, idemには「同じ」(the same)の意味がある。指示代名詞(「弱い指示代名詞」)のisから派生し、語尾に-demを付ける。複数属格(男性・中性)のeōrundemのように-demに影響されて音が変化するケース(元の指示代名詞はeōrum)には注意を要する。, 「強意の指示代名詞」とはipse, ipsa, ipsumで、「彼自身・彼女自身・それ自身」を表し、対象の人・物を強調する。格変化は2人称・3人称の指示代名詞と同じになる。, 以下は「これ、それ、あれ」を表す指示代名詞、hic(これ・この), iste(それ・その), ille(あれ・あの)の格変化の表である。hicは話し手に近いもの、これから述べようと思っているものを指す。isteは聞き手に近いもの、すでに述べられたものを指す。illeは話し手、聞き手のどちらからも遠いものを指す。, 疑問代名詞(疑問形容詞)は質問をするときに用いる。関係代名詞と疑問形容詞の格変化は同じであり、疑問代名詞はそれとはいくつかの語形が異なっている(詳しくは下表の下を参照)。疑問代名詞を複数で用いるのは稀である。疑問代名詞の複数は関係代名詞の複数と同形である。, 指示代名詞、関係代名詞、疑問代名詞、不定関係代名詞、不定代名詞(及び、指示形容詞など、それぞれの対応する形容詞・副詞)のリストを下表に掲げる[6]。これは、「相関語」(英:correlatives, pro-form)と呼ばれて相互に関連する一群の代名詞(及び形容詞・副詞)を整理したものである。, 第1・第2格変化の形容詞は、男性・女性・中性で異なる語尾を持つ。男性は-us(か-er)、女性は-a、中性は-umとなり、基本形はaltus, alta, altumのようになる。
ウマ娘シンデレラグレイ 4 話 7, Nhk 新人アナウンサー 2018 9, 相棒 シーズン4 4話 6, ルシファー 刑事さん 英語 37, 漢文 至る 意味 12, 魔進戦隊 キラ メイジャー スレ 42, あいみょん スタイリスト 服部 7, 破門 動画 Pandora 18, 跡部 不二 幼馴染 29, コムデギャルソン 印鑑 なし 4, やち クロ 漫画 4, ひまし油 湿布 やりすぎ 27, 薬丸裕英 自宅 住所 成城 36, う いら ふ 映画 フル 5, のだめカンタービレ 福士誠治 オーボエ 53, 鬼 滅 の刃 羽織 柄 名前 10, 三沢光晴 事故 動画 10, アセンダント 牡牛座 外見 9, 青い海の伝説 カンソヒ 双子 7, 中学聖日記 1話 Pandora 25, マツダ 100周年 塗り絵 4, ポケモンgo 恩返し カビゴン 38, Office365 会議室予約 一覧 56, 2pm ジュノ 怪我 動画 47, Spec 結 相関図 5, 旧約聖書 あらすじ 要約 5, 音楽 集中力 研究 7, 新幹線 過密 海外の反応 13, 手越 二宮 仲 5, ディオ 声優 死亡 10, 娘 松坂慶子への 遺言 17, 武庫川女子大学 国語 対策 7, プロ野球スピリッツ 2018 攻略 13, 香川照之 ぴったんこカンカン フランス 9, ヒトリガ 幼虫 餌 27, ライム フロウ バース 12, Musescore 楽譜 ダウンロード 無料 14, フォーリミ Gen 薬物 37, 猫 リンパ腫 下痢 10, オンライン授業 テスト やり方 13, ウルトラゲット ロトム図鑑 攻略 6, Artisan Hair 新大久保 6, 肩こり しこり つぶす 7, 寺井一択 2 ちゃん 7, 領 得罪 毀棄罪 違い 6, " />

ラテン語 名詞 活用 5




主格は文の補語にもなります。補語とは、I am a student. 対格 dominum(主を) 3. 第1・第2変化形容詞 奪格 dominō(主から), 複数形 属格 verbī(言葉の) ラテン語では「子音で終わる語」の後ろへ「子音で始まる語」をくっつけようとする際に、両者の間に短い-i-が現れて接着剤の役目を果たすことがよくあります。 例えば、第2格変化の男性名詞単数形では、語尾の-usと-iusがそれぞれ-eと-īに変化する。Brutus(ブルータス)はBrute(ブルータスよ!)、Vergilius(ヴェルギリウス)はVergilī(ヴェルギリウスよ!)となる。, ただし、命令法の動詞とともに用いられる場合には-usと-iusのままとすることも可能である。, 最後に、ギリシャ語に由来する第1格変化の男性名Aenēās(アエネアス)はAenēā(アエネアスよ!)となる。, この記事では、単数・複数ともに、主格と呼格が同形となることを前提とし、異なる場合は逐一、説明を付加する[4]。, 地格は行為が行われる場所を表す。初期のラテン語では地格は広範囲に用いられていたが、古典ラテン語期になると、滅多に使われなくなり、町の名前や小さい島の名称、その他の僅かな単語で使われるにすぎなくなった。この言語上の変化もあって、古代ローマ人は、島(ヨーロッパの島々)というのは、シチリア島、サルデーニャ島、コルシカ島、クレタ島、キプロス島、ブリテン島、アイルランド島を除けば全て小さいのだ、と考えるようになった。

四つ目の型は、子音型の格変化である。先程、属格複数形が -ium となるものをI型の格変化と呼ぶことを見た。 ラテン語の属格は英文法の所有格に相当します。英語の of + α(アルファ)の表現も、ラテン語では属格一語が表します。 属格の語尾を見極めることによって、ラテン語の名詞の5つのタイプが識別できるので、その意味でこの格は重要です。 ラテン語の動詞の文法的性格(概観) 1-1 活用する動詞 ラテン語の動詞は〈変化・活用する品詞〉の一つである。それで私たちがラテン語文法を学ぶ時に、名詞の変化、動詞の活用のパターンを暗記することは避けられない。 語尾が-iusの場合は、呼格の語尾が-eとなるが(例:ebrie「おお、酔っ払いの男よ!」)、これは同じ-ius語尾の名詞と同様である(例:fīlie「息子よ!」、fīliusの呼格の古形)。, 男性の語尾が-rとなるものが若干ある。これは名詞の「第2格変化:r語幹」と同じで、母音のeが保たれるものと、eが消失するものに分かれる。例として、前者はmiser, misera, miserum、後者はsacer, sacra, sacrumがある。, 第1・第2格変化の代名詞的形容詞には、属格・与格が不規則となるものが9つある。暗記の利便性から、9つの頭文字をとって"ūnus nauta"と呼ばれたりする。, 第3格変化の形容詞は「第3格変化:I型」の名詞と共通するが、単数奪格では-eではなく-īを用いることが多い(名詞の場合は、-īとなるのは「I型:純正タイプ」のみである)。また、vetus, veteris (年取った)のように、「語尾が一つ」の形容詞では、単数奪格は-e、複数属格は-um、中性複数の主格・対格は-aとなる。, これは、単数主格の語尾が、男性・女性・中性の全てで同じになるタイプである。ただし、格変化は性ごとに異なる。, これは男性・女性が同じ語尾となり、中性のみが異なるタイプである。男性・女性の語尾は-is、中性は-eとなる。属格は男性単数主格と同形(-is)になるため、見出し語としては通常、掲載されない。, これは男性・女性・中性で異なる語尾となるタイプである。名詞の「第2格変化:r語幹」と同様、男性の語尾は-erとなる。女性は-ris、中性は-reとなる。

hostis, hostis m.「敵」

もう一つは語幹の変化を伴うものである。後者は、単数主格以外では、語幹のeが脱落する。, 第3格変化はラテン語では最大の名詞グループである。単数主格の語尾は-a,-e, -ī, -ō, -y, -c, -l, -n, -r, -s, -t, -xまで多岐に渡っている。男性・女性・中性の全てを含む。例:flōs, flōris m. (花), pāx, pācis f. (平和), flūmen, flūminis n. (川)。このグループの共通点は単数属格の語尾が-isとなる点である。, 単数主格の語尾として多いのは性ごとに次の通り。男性名詞は-or (amor, amōris, 愛)、女性名詞は-īx (phoenīx, phoenīcis, 不死鳥)、中性名詞は-us(その他の格でr語幹となる。onus, oneris, 負荷。tempus, temporis, 時間)。, 第3格変化は大きく分けて「子音型」と「I型」の2つに分かれる。この違いは複数属格にiが出現するかどうかにあり、子音型では語幹子音+umとなり、I型では語幹子音+iumとなる。 アットアイデアのラテン語講座第5回です。 今回は動詞第3、第4、第5活用について学びます。 https://disc-reborn.co.jp/ よろしくお願いいたします。 第1格変化は語尾が-aで終わる女性名詞が大部分を占める。例、via, viae f. (道), aqua, aquae f. (水)。 例外的に男性名詞もわずかながら存在するが、職業に関係する語が多い。例、poēta, poētae m. (詩人), agricola, agricolae m. (農夫)、nauta, nautae m. (水夫)。 第1格変化表で目立つのはaの音が多いことで、この点から「A型格変化」とも呼ばれる。単数主格(辞書形)と単数属格がそれぞれ-a, -aeとなる。 fēmina, fēminaef.「女性」 1. 5.

māter, mātris f.「母」 一つはego (私)、tū (君)などの1人称と2人称の人称代名詞で、格変化は不規則になる。 対格 verbum(言葉を) 女性名詞も僅少ながら存在するが、多くは貴石、植物、木、町の名称などである。, 通常、単数主格では、語尾が、男性名詞は-us、中性名詞は-umとなる。他に、男性名詞には語尾が-erのものも若干存在するが、この全てに共通するのは、単数属格で語尾が-īとなる点である。 全てに共通するのは、単数属格の語尾が-eīか-ēīとなる点である。「E型格変化」とも呼ばれる。, 語尾が-iēsの場合、属格・与格が長母音のēīとなり(例:diēs)、語尾が子音+ ēsの場合、短母音のeīとなる(例:rēs)。, 第5格変化の地格は単数奪格と同じ-ēとなる(単数のみ)。例:hodiē (副詞で「今日は」)。, 以下の表は人称代名詞(1人称・2人称)、再帰代名詞(1人称・2人称・3人称)である。, 1人称・2人称は人称代名詞・再帰代名詞のどちらも不規則変化で、性の区別はない。3人称の再帰代名詞sē, suīは主語自身に言及する機能があり、主語の単数・複数の区別なく用いられる。, ※3人称の人称代名詞は下記「指示代名詞」の項の「3人称の指示代名詞(is, ea, id)」を参照。, 属格meī, tuī, nostrī, vestrī, suīは通常の属格の意味で用いられるが、nostrum, vestrumは「部分の属格」に用いる(「私たちのうちの~人」「あなたたちのうちの~人」などの意味)。, 1人称・2人称の単数対格mēmēとtētēは強調形だが、あまり使用されない。3人称再帰代名詞の対格sēsēは古形で、主として雅文に用いられる。他に強調形には、語尾-metを付ける形が存在する (egomet, tūte/tūtemet, nosmet, vosmet)。全ての格に格変化するが、属格複数に付ける形は使われない。, 「同伴の奪格」(~と一緒に)は、通常、前置詞cumと奪格の組み合わせで表すが、人称代名詞(1人称・2人称)、再帰代名詞、(後述の)疑問代名詞では、-cumを語尾として奪格形に直接付ける形を用いることがある。mēcum(私と一緒に)、nōbīscum(私たちと一緒に)、tēcum(君と一緒に)、vōbīscum(君たちと一緒に), sēcum(彼・彼女・それ・彼ら・彼女ら・それら自身と一緒に)、quōcum?(誰と一緒に?。quīcumもある)。, 以下は所有代名詞(所有形容詞)の格変化の表である。meus, mea, meum(私の)、tuus, tua, tuum(君の)、suus, sua, suum(自身の)、noster, nostra, nostrum(私たちの)、vester, vestra, vestrum(君たちの)の5つになる。, 再帰の人称代名詞sē, suīの所有代名詞(所有形容詞)がsuus, sua, suumになる(「彼・彼女・それ・彼ら・彼女ら・それら自身の)。, suus, sua, suumは主語自身に言及するときにのみ用い、他の人物(3人称)に言及するときには、指示代名詞(後述)の属格eius(彼・彼女・それの)を用いる。複数のときはeōrum(彼ら・それらの)、eārum(彼女らの)となる。, 1つの文の内部に異なる主語が置かれる場合には、sēやsuusはどの主語への言及も可能である。, 指示代名詞の格変化(関係代名詞、不定代名詞も同様)は基本的に第1・第2格変化の形容詞と同じだが、以下の違いがある。, この違いは代名詞の格変化全般に当てはまる特徴となっていて、いくつかの特殊な意味の形容詞(tōtus「全体の」、sōlus「唯一の」、ūnus「一つの」、nūllus「何も~ない」、alius「他の」、alter「二つのうち片方の」など)でもこのパターンの格変化をする。, 指示代名詞・関係代名詞・不定代名詞は形容詞としても用いる(指示形容詞・関係形容詞・不定形容詞)。ただし、疑問代名詞のquis(誰?)、quid(何?)は形容詞用法ではquī, quodとなる。, 指示代名詞is, ea, id(それ・あれ、「弱い指示代名詞」とも呼ぶ)は3人称の代名詞として用いられる(彼・彼女・それ)。, 形容詞としても用いられる。例:is homo(その男性、that man)、ea pecunia(そのお金、that money)。ラテン語には定冠詞は存在しなかったが、is, ea, idは指示の意味合いが弱い代名詞であるため、しばしば物事を軽く指し示す機能を帯びて定冠詞的にも用いられる。この2つの例はthe man, the moneyのように定冠詞の意味にもなる。, 所有形容詞はなく、所有の意味では属格形eius, eōrum/eārumが用いられる。例:pater eius(彼・彼女の父親)、pater eōrum(彼ら・それらの父親)。, 指示代名詞(指示形容詞)のīdem, eadem, idemには「同じ」(the same)の意味がある。指示代名詞(「弱い指示代名詞」)のisから派生し、語尾に-demを付ける。複数属格(男性・中性)のeōrundemのように-demに影響されて音が変化するケース(元の指示代名詞はeōrum)には注意を要する。, 「強意の指示代名詞」とはipse, ipsa, ipsumで、「彼自身・彼女自身・それ自身」を表し、対象の人・物を強調する。格変化は2人称・3人称の指示代名詞と同じになる。, 以下は「これ、それ、あれ」を表す指示代名詞、hic(これ・この), iste(それ・その), ille(あれ・あの)の格変化の表である。hicは話し手に近いもの、これから述べようと思っているものを指す。isteは聞き手に近いもの、すでに述べられたものを指す。illeは話し手、聞き手のどちらからも遠いものを指す。, 疑問代名詞(疑問形容詞)は質問をするときに用いる。関係代名詞と疑問形容詞の格変化は同じであり、疑問代名詞はそれとはいくつかの語形が異なっている(詳しくは下表の下を参照)。疑問代名詞を複数で用いるのは稀である。疑問代名詞の複数は関係代名詞の複数と同形である。, 指示代名詞、関係代名詞、疑問代名詞、不定関係代名詞、不定代名詞(及び、指示形容詞など、それぞれの対応する形容詞・副詞)のリストを下表に掲げる[6]。これは、「相関語」(英:correlatives, pro-form)と呼ばれて相互に関連する一群の代名詞(及び形容詞・副詞)を整理したものである。, 第1・第2格変化の形容詞は、男性・女性・中性で異なる語尾を持つ。男性は-us(か-er)、女性は-a、中性は-umとなり、基本形はaltus, alta, altumのようになる。

ウマ娘シンデレラグレイ 4 話 7, Nhk 新人アナウンサー 2018 9, 相棒 シーズン4 4話 6, ルシファー 刑事さん 英語 37, 漢文 至る 意味 12, 魔進戦隊 キラ メイジャー スレ 42, あいみょん スタイリスト 服部 7, 破門 動画 Pandora 18, 跡部 不二 幼馴染 29, コムデギャルソン 印鑑 なし 4, やち クロ 漫画 4, ひまし油 湿布 やりすぎ 27, 薬丸裕英 自宅 住所 成城 36, う いら ふ 映画 フル 5, のだめカンタービレ 福士誠治 オーボエ 53, 鬼 滅 の刃 羽織 柄 名前 10, 三沢光晴 事故 動画 10, アセンダント 牡牛座 外見 9, 青い海の伝説 カンソヒ 双子 7, 中学聖日記 1話 Pandora 25, マツダ 100周年 塗り絵 4, ポケモンgo 恩返し カビゴン 38, Office365 会議室予約 一覧 56, 2pm ジュノ 怪我 動画 47, Spec 結 相関図 5, 旧約聖書 あらすじ 要約 5, 音楽 集中力 研究 7, 新幹線 過密 海外の反応 13, 手越 二宮 仲 5, ディオ 声優 死亡 10, 娘 松坂慶子への 遺言 17, 武庫川女子大学 国語 対策 7, プロ野球スピリッツ 2018 攻略 13, 香川照之 ぴったんこカンカン フランス 9, ヒトリガ 幼虫 餌 27, ライム フロウ バース 12, Musescore 楽譜 ダウンロード 無料 14, フォーリミ Gen 薬物 37, 猫 リンパ腫 下痢 10, オンライン授業 テスト やり方 13, ウルトラゲット ロトム図鑑 攻略 6, Artisan Hair 新大久保 6, 肩こり しこり つぶす 7, 寺井一択 2 ちゃん 7, 領 得罪 毀棄罪 違い 6,

Add Comment

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.